【まとめ】不動産買取の方法について

不動産買取 方法
不動産売買は売主と買主がいて初めて成立する取引です。

売主としては出来るだけ高く売却したいし、買主としては手頃な価格で手に入れたいというのが、

正直な所だと思います。

そんな両者を繋ぐ存在が不動産会社であり、不動産売却の方法としては買取と仲介の2つがあります。

今回は不動産売買の方法についてのおさらいと、

不動産買取についてさらに掘り下げた解説をしていきます。

 

 

■買取と仲介

 

買取とは、不動産会社が買主となって売主から直接不動産を買取ることをいいます。

そして買取った不動産は別の買主へ売却することになります。

不動産買取は、買主=不動産会社ですので、

買主を見つける必要がなく早期売却できる事が大きなメリットです。

また、直接買取のため、仲介の場合にかかる仲介手数料がかからないこともメリットといえます。

その反面、買取価格が低くなる傾向にあります。

それは買い手が現れないリスクや、

売るためにかかる宣伝広告費や人件費を加味した金額で買取を行うためです。

出来るだけ早く現金が必要なときや、

急な事情で不動産を処分したいときには不動産買取が適していると言えるでしょう。

 

一方、仲介とは、不動産会社が仲介役となり売主と買主をつなげる取引をいいます。

仲介の最大のメリットは物件の売出価格を自分で設定して売却できる点にあります。

それに対してデメリットは不動産会社がその金額で買取ってくれる相手を見つけるまでに

時間がかかることがあることです。

 

出来るだけ早く売却したいなら買取、

時間がかかってもいいから高く売りたいなら仲介が適しているといえるでしょう。

 

 

■不動産買取のさらなるメリット

 

以上が買取と仲介の簡単な違いとメリットとデメリットです。

ここで不動産買取についてもう少し掘り下げてみましょう。

不動産買取のメリットは売り手と買い手のマッチングの必要がないため早く売却できることや、

仲介手数料が掛からない事と言いましたが、それ以外にも次のようなものがあります。

 

まず、広告などに掲載されないので近所の人に知られずに売却できることです。

また、仲介とは違い内覧の必要がないことや、

売却後に住宅に何らかの欠陥がみつかった時の瑕疵担保責任が発生しないという事があります。

上記2点はどちらも不動産会社が直接買取るために生じる特徴で、

手離れの良さも大きなメリットといえるでしょう。

 

 

■即時買取と買取保証

 

不動産買取には、大きく分けると即時買取と保証買取の2種類の方法が存在します。

この2つは不動産仲介を通して考えると違いが分かりやすくなります。

 

即時買取とは、仲介を行わずにすぐに不動産会社が直接買取を行うことをいいます。

また、保証買取とは、不動産仲介で買主を探したけども見つからなかった場合に

あらかじめ決めていた金額で不動産会社が買取を行うものです。

保証買取は仲介で成約にいたらなかったときの保険ともいえます。

こうみると、断然保証買取の方が良さそうに思われるかもしれませんが、

半年から1年程度の時間がかかる為、時間に余裕がある人にとっては有効な手段です。

しかし、住宅ローンの支払いが滞っていて出来るだけ早い売却を考えているときなどは、

住宅ローンを借りた銀行などの金融機関から物件を差し押さえられたり

競売で強制売却されてしまうことがあるので、多少安くても即時買取が適しているでしょう。

状況に応じた使い分けが重要です。

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

今回は不動産売買の方法についてのおさらいと、

買取についてさらに掘り下げて解説していきました。

不動産売買には色々な角度からの知識が必要となります。

今回の記事が少しでも皆さまのお役にたてば幸いです。

当社には、不動産買取の経験豊富なスタッフが多数在籍しています。

不動産買取をお考えの方は、札幌不動産買取査定センターへお任せください。


当社に今すぐご連絡ください