【不動産相続】突然マンションオーナーになった場合は不動産買取業者へ

37cec774396275a47fafe3e54848cd63_s

親や兄弟、配偶者、それに親戚などが亡くなった時に発生するのが相続です。
相続する財産の中には、現金や有価証券などもありますが、
その多くのケースで不動産を引き継ぐということが考えられます。

ほとんどの場合は亡くなった方が住んでいた住居を引き継ぐことになるのですが、
中には賃貸に出していた一軒家や、マンションを残してくれるという人もいるでしょう。

そういった物件を受け継いでマンションオーナーになった場合、
自分で経営などを行いそこから所得を得ようと考えても不思議ではありません。
確かにマンション経営と言えば働かずにお金が入ってくるイメージもあり、
憧れる人は多いものです。

しかしながら実際にはそういった運営のためのノウハウや知識も必要であり、
それほど簡単なものではありません。
今回は相続で急にマンションオーナーになったときの
対応について詳しく解説していきます。


■マンションのオーナーになるには

例えば入居者を募集するにしても広告費がかかりますし、
どの程度の家賃が相場であるかということは地域ごとに異なっていますので、
自分自身でしっかりとした調査を行う必要があります。

また相続した物件であればそれほど新しくはないケースが多いでしょう。
古い不動産というのは建物の劣化も進んでおり、
その維持に非常に多くのコストがかかってしまうものです。
外壁の塗装や外構の工事、また給湯器や排水管が古くなってトラブルを起こせば
その保証に多くのお金がかかってしまうでしょう。

それだけではなく、今はインターネット上のクチコミが盛んですから、
家賃の割に設備が古かったり内装が汚いなどの実情はすぐに知れ渡ってしまいます。
そうなればなかなか入居者を集めるのも難しくなり、空室率が高くなってしまうのです。
マンションなど大きな建物は固定資産税もかなりかかってきますし、
空室率の高い状態でずっと持ち続けていると、
儲けるどころか赤字になってしまうことも考えられます。

建物を取り壊して更地にし、駐車場経営などを始めるということも選択肢としてはあり得ますが、
解体にも費用が必要ですので当然リスクを伴うことになるでしょう。
駐車場にしても利用者が少なければ少しずつ赤字はかさんでしまいますので、
やはり需要の調査などが必要になります。

こういった運営は当然のことながらリスクを伴いますので、
うまくいかない場合には相続した他の財産まで目減りさせてしまうということにもなりかねません。
そう考えると、手に入れた時点で売却してしまうのがリスクの少ない対応と言えるでしょう。


■不動産売却の際の注意点

通常の一軒家であったりマンションを一部屋と言うならば、
自分で地域の不動産屋に持ち込んで販売してもらうというのが得策です。

しかしマンション一棟丸ごととなると、買い手がかなり限られてくるため
どの不動産屋でも売ってもらえるというわけにはいきません。
小さな不動産業者では買取ができないこともありますし、
相手を見つけるのも大変に時間がかかってしまいます。

売却という手段を取るにしても時間がかかれば
そのぶん固定資産税などのコストがかさんでしまうため赤字になるのです。
その点を考慮すると、不動産買取専門の業者に相続した物件を
査定してもらうというのが最もお勧めのやり方になります。

単なる仲介業者ではなく、自社の資金で不動産を買い取り、
それを必要としている所に回す買取専門の業者であれば、
たとえマンション一棟であろうと良い物件であればすぐに買い取ってくれますし、
相場もわかっているため適切な価格で購入してくれるのです。

また不動産経営のノウハウを持っているところも多いため、
手放す前に一度相談したいという需要にも応じられるメリットがあります。
マンション経営をするにせよ売却をするにせよ、
専門性の高い不動産業者に相談するのがおすすめです。


■最後に

いかがでしょうか? 今回は相続で急にマンションオーナーになったときの
対応について解説しました。

マンションオーナーときくと憧れる方も多いかもしれませんが、
空き室をなるべく作らないようにしないと赤字になるし、
設備も整えないとトラブルの元になってしまいます。
維持・管理も非常に重要な仕事の一つともいえるでしょう。

当社では相続不動産の買取にも力を入れております。
不動産買取のことでお困りの方は札幌不動産買取査定センターへご相談ください。

当社に今すぐご連絡ください