【徹底解説】不動産買取の流れや費用について

calculator-385506__340
不動産を売却しようと考えたときに、その方法として仲介と買取の二つの種類があります。
どちらも不動産会社に対応してもらうことには変わりはありませんが、売却方法が大きく異なります。
今回は不動産買取について、買取の流れやかかる費用について詳しく解説していきます。


■不動産売却の方法

仲介は不動産会社が購入者を探すことです。
不動産会社に所有不動産の売却を依頼した上で広告や流通ネットワークを利用して購入者を探す方法です。
こちらの方法で成約した際には仲介手数料が発生することとなります。
一方で買取は不動産会社が買取を行う方法です。
購入者を探す手間が省けるので早期に売却が可能です。
直接売買を行うことになるため仲介手数料が発生しない特徴があります。
このように見てみると仲介よりも不動産買取の方がメリットが大きいように思えるかもしれません。
しかし気をつけなければならない事は、いくらで購入してもらえるかです。
結論から言うと仲介よりも買取の方が買取価格が低くなってしまうケースにあります。
仲介の場合には仲介手数料が必要なので不動産会社はこれを利益にすることができます。
しかし買取の場合には仲介手数料がないため、不動産会社は利益を得ることができません。
そのため利益を出す方法として、不動産会社が購入した不動産を自らお金を出してリフォームを行ったり、
建て替えを行うなど建物の価値を上げる方法をとります。
仲介で比較した場合に一般個人では難しいことを行うので、利益が得られることになるでしょう。
しかし買い主が見つからなかったり、かかった費用よりも低い金額で交渉されることが考えられるので
不動産会社としては大きなリスク抱えることになります。
これにより不動産会社が買い取る場合には、その買取価格を低めに設定する必要がでてきます。
このように二つの方法があることから、どちらを選べばよいのからないという人もいるかもしれません。
その場合に自分が何を重視するのかにより、おのずとその方法も決まってくるでしょう。
もしも時間をかけてでも高く売り出したいという場合には仲介を選んだほうがよいでしょう。
できる限り早く売却したり、売却することを人に知られたくない、一般の人に内覧してほしくない
など面倒な手間をかけずに売却したいと考える場合には買取がお勧めです。


■不動産買取の費用はどのくらいかかるか

不動産買取では仲介手数料がかからないことがわかりました。
そのほかにかかる費用としては契約書に貼り付ける印紙を購入する代金と
担保権の抹消や住所が移動されている場合に必要となるローン抵当抹消登記などがあげられます。
一般住宅の場合には2万円から10万円程度が大半となります。
そして会社や地域・規模によっても異なりますが、引っ越し費用もかかることになるでしょう。
そして不動産買取を行った場合にかかる税金は、所得税や住民税が挙げられます。
不動産を売却した場合には売却した所得が入ってくることになるので、所得税と住民税の対象となります。
サラリーマンの場合には会社で年末調整を行ってもらえますが、
これらの所得に関しては別で確定申告が必要となるので注意しましょう。
不動産買取を利用する上で注意したいこととでは、
まず最初に物件価値をよく知る不動産会社を探すことが挙げられます。


■結局は・・・

不動産会社といっても大企業から地域に特化したものまで様々です。
大企業だから良いというわけではなく、最も価格を適正に評価してくれるのは
地元のことをよく知る不動産会社ともいわれています。
これまでの価格の変動や、今後の地域の開発状況も踏まえたうえで、適切な価格を算出してくれるでしょう。
また物件をどのような状態で引き渡すかによりかかる費用もことなります。
納得のいく金額で買い取ってもらえたとしてもつまらないところで費用がかかってしまえば
無駄になってしまうため事前に打ち合わせを行うことが重要です。


■最後に

いかがでしたでしょうか?
今回は不動産買取のポイントについて解説しました。  
不動産売却の際には、どうやって頼むのか、費用はどのくらいかかるのか。
不動産選びについては必ずしもこれが正しいと言うのがないので、
今回の記事が少しでも皆さまのお役にたてば幸いです。
当社には、不動産買取の経験豊富なスタッフが多数在籍しています。
不動産買取をお考えの方は、札幌不動産買取査定センターへお任せください.。
当社に今すぐご連絡ください