【必見】不動産買取のメリットについて

不動産買取

一般的に不動産は売りに出していることを宣伝し、

欲しいと言う人を探して直接交渉をして売ることになります。

これは仲介と呼ばれる方法であり、この際不動産会社は直接売買に関わってくるのではなく、

あくまでも売り手と買い手の橋渡しをする役目でしかありません。

 

基本的に仲介を選んだほうが高く売りやすくなるのですが、置かれている状況によっては、

 

不動産会社に直接土地や建物を買い取ってもらう買取のほうが

メリットが大きいこともあるので覚えておくようにしましょう。

今回は前回に続き、不動産買取のメリットについてより詳しく解説していきます。

 

 

■買取について

 

まず、金額的な面で言えば買取のメリットは少なく、それどころか大きく目減りしてしまうことがあります。

少しでも高く売りたいと考えるときには向いていません。

その代わり、利便性の面ではメリットが大きいので金額よりも早く売ってしまいたいというときに最適です。

 

それでは買取のメリットにはどのようなものがあるかというと、

売れるまでの期間が短く現金がすぐに手に入るということです。

 

 

■現金化が早い

 

すでに買い手がいて金額もはっきりしているわけですから、

手続きに入ればすぐに売ることができます。

これが仲介ですと買いたいという人が出てこなければ

いつまでたっても売ることができませんし、購入希望者が見つかったとしても

そこから更に細かな金額交渉をすることになり、

手間隙かけて結局はご破算になってしまうということも少なくありません。

 

業者に買ってもらうのであれば、そのような面倒な手間が一切なく本やCD

売るように業者がそのまま買い取ってくれるので面倒なことがなくなるのです。

 

 

■瑕疵担保責任がなくなる

 

次に瑕疵担保責任がなくなるという利点もあり、土地や建物を売るときには後になって

物件に瑕疵があった場合に補償しなければならないという決まりがあります。

 

これはあくまでも事前に告知すべきことをしなかったときに発生する責任なので、

全てを包み隠さずに相手に納得してもらった上で売買をすれば問題はないのですが、

実際に後になって問題が発生してトラブルになることは珍しくありません。

 

結果的に責任を問われなかったとしてもゴタゴタに巻き込まれるだけで面倒ですし、

補償しなければならなくなってしまえば金銭的な痛手も大きなものとなってしまいます。

業者に買って貰う場合であれば、相手がプロということもあって、

瑕疵担保責任が免除されることになりますから、

後のトラブルを避けたいというときには便利な方法だと言えるでしょう。

 

 

■周囲にばれない

 

周囲の人に知られることなく、土地や建物を売ることができるというのも

人によっては利点となります。

 

自分の所有する物件を売りに出すのは個人の自由ですが、高額なものだけに

売りに出すことを人に知られたくないと思うのはごく自然な感情だと言えます。

お金に困っているのではと思われてしまうのは気分のいいものではありませんし、

逆に売り出し価格を誰かに見られて大金が転がり込んだと思われるのも面倒なことになりやすいものですから、

売ることを知られたくない状況というのは珍しいものではありません。

 

業者に買ってもらうのであれば、基本的には自分と業者間でのやり取りだけで済むので、

自ら周りに言って回らない限りはばれる可能性は極めて低いということになります。

 

 

■内覧の必要がない

 

一つの業者を相手にすることから、内覧も不要になるのも利点の一つだと言えるでしょう。

仲介で売りに出すと欲しいと言う人が来れば、状態を見せなければなりません。

全く知らない人が多数詰めかけてその度に家の中を見に来るというのは大きなストレスになりますから、

プライバシーの面でも買取は利点のある方法だと言えます。

 

このように不動産会社に買取をしてもらうのは、金銭的には損が大きいものの、

それ以外の部分でメリットが大きいため覚えておくと良いでしょう。

 

 

■最後に

 

いかがでしょうか?

不動産買取と仲介、どちらの売り方が良いかはケースごとに異なります。

それぞれのメリット・デメリットを理解することが、

不動産の売却をするうえで大事なポイントとなるでしょう。

札幌不動産買取査定センターには、不動産買取の経験豊富なスタッフが多数在籍しています。

不動産のことでお困りのことがございましたら、札幌不動産買取査定センターへお任せください。


当社に今すぐご連絡ください