オーナーチェンジ物件を買取業者に依頼するときのポイント

time-for-a-change-3842467_1280
オーナーチェンジ物件は賃貸マンションなどの居住者をそのままにして
マンションの所有者だけを変更して売買を行う手法です。
不動産業者に直接買取するを依頼する際にはいくつか押さえておくべきポイントがあります。
今回はオーナーチェンジ物件を買取業者に依頼する際のポイントについて詳しく解説していきます。


■押さえるポイント

ひとつは、適切なマンション管理の実績がある方に売却することができる買取業者を選ぶことです。
多くの場合、買取業者は買取った物件を転売します。

特にマンション管理の際には居住者がそのまま住むことになりますので、
きちんと管理できないようであれば居住者からのクレームが殺到することになります。
結果的に元所有者としての責任を問われる可能性もあるので、
なるべくオーナーチェンジ物件を売却する際には
きちんと管理できる方に売却できる買取業者に依頼することが重要でしょう。

ふたつ目のポイントは、なるべく短期間で物件を買取れる業者を選ぶことです。
短期間で物件を売却することによって、
税金やマンションの管理費用などの維持費がかからないようにすることが良いでしょう。

また、2019年には消費税増税などの問題もあるのでなるべく早めに売却することが重要です。
短期間で売却完了するためにも、大手企業の買取業者を選ぶことが良いですが、
中古物件の場合は高く売れないこともあります。
そのため大手にこだわらず地元に密着した会社に依頼することも考えておきましょう。

3つ目に重要なことは、事前に居住者からの了承を取っておくことです。
居住者をそのままにしてマンションを手放す際に一番影響が大きいのは居住者です。
そのため居住者の了承が得られない限りは、
なるべく勝手に売却を行うことは避けたほうがいいでしょう。
やむを得ず売却をしなければならない場合であっても、事前に居住者に話をすることが重要です。
居住者と事情を説明するのが不安な場合は、
買取業者や弁護士などを同席のもと説得するようにしましょう。


■チェンジする際の注意点

以上の点からオーナーチェンジ物件を売却する際に注意するポイントは

・しっかり管理できる管理者に物件を売却すること
・短期間で売却が完了するために大手企業の業者に依頼すること
・居住者に対して売却前に話をしておき了承を得ておくこと
以上が非常に重要です。

特に短期間で手続きが終わらなければ増税や維持費の増加によって
売却益が少なくなってしまう可能性もあります。
可能な限り短期間で売却できるよう業者に依頼することがポイントです。
もちろん無断で物件を手放すことはトラブルのもとなので避けたほうが良いです。
居住者に対しては書面だけでなく電話や直接訪問などをすることによって
事前に了承を得ておきます。
そして先ほども申し上げましたが
このオーナーチェンジに対して一番影響を受けるのは居住者です。
なるべくこの手続きの影響を与えないように注意しましょう。
新しい管理人になった後に急に家賃が上がってしまうと、居住者の大変な迷惑になってしまいます。
マンションの管理人であれば、これまでどおりの生活ができるように全力でサポートするべきです。
なるべく新しい管理人について適切な説明ができる業者を選んで、
短期間で確実に売買を済ませましょう。
信頼できる方がいない場合や中古物件などによって簡単に売却ができない場合は
家内や親族などに譲渡するという方法も有効です。
親族であれば安心して取引ができますし、管理状況も確認しやすく
仲介会社を経由しないので税金や手数料などの余計なお金を支払う必要はありません。


■最後に

いかがでしたでしょうか?
今回はオーナーチェンジ物件を買取業者に依頼するポイントについて解説しました。
オーナーチェンジした際になにかあった時に一番困るのは居住者です。
そうならないよう、オーナーチェンジする際にはしっかり管理できる管理者に売却したいものですね。
今回の記事が少しでも皆さまのお役にたてば幸いです。
当社には、不動産業界に長年携わっている経験豊富なスタッフが多数在籍しています。
また、弁護士や税理士、司法書士等、各分野のエキスパートの連携体制もあります。
不動産売却についてお困りの方は、札幌不動産買取査定センターへお任せください。
当社に今すぐご連絡ください