マンションを業者買取にした場合の価格について

house-366927_1280main
所有しているマンションを売却したいとき、業者買取を選択した場合には
当然価格がどうなるか気になるところでしょう。
買取による売却を選択するメリットは、
業者側が資金の授受や契約・登記などの手続きをすべて手配してくれることなど、
売却時期が不確定になりがちという仲介で発生するリスクを解消できることです。

売買契約や引渡しの時期が明確で売却代金を早期に受取れることから
早く不動産を処分したい人にとっては助かります。
しかし、一般的には業者買取を選択した場合には売却価格が下がる傾向があることも事実です。
今回はマンションを業者買取にした場合の価格について詳しく解説していきます。


■買取の場合の相場は?

仲介による売却金額が不動産を売却するときの相場だとすれば、
不動産会社などの業者買取では、仲介の価格相場の約6割から8割程度の金額になってしまい
損をする結果になるケースがすくなくありません。
金額にこだわる人からすると不満の残る取引になってしまう可能性があります。。

どうして業者による買取を選ぶと売却価格が安くなってしまうのかですが、
業者は買取した物件を自社が売主となって再販売することを主目的として買取を行っているためです。
再販売をするにあたってはほぼ全部の物件でリノベーションを施して販売します。
ほとんど新品同様にして、人が住んでいたことがある物件だと分からないような状態にして販売します。

主なリノベーション工事の内容としては、
まずは内外装を一新して設備機器なども交換することはもちろん物件によっては
2部屋分をまとめたりLDKを広くするなど間取りにも手を入れることがあります。
そうなると、相応の工事費用を掛けることになりがちです。


■なぜ相場より低くなるのか

不動産業者はマンションなどの物件を販売するときにおいては、
全てにおいて一定の利益を確保する必要があることは必然といえるでしょう。
そして、安定して収入を得られることが見込める物件であるとも限りません。
立地上に問題があるところや人口減少の影響が考える場合、
心理的瑕疵物件に該当する場合など相場の価格で販売できなくなるケースもあります。
そうした場合のリスクも背負わなければならないため、不動産業者側のコストも少なからずかかることになります。
その物件が相場より低い金額とは言え、業者側としては相当額の出費がかかってしまいます。
必要となるコストやリスクへの備えを業者側で考慮しておく必要があることから、
相場よりも値段が安くなるということは考慮しておきましょう。
まずは、業者買取に向いているマンション物件かどうかを見極めておくことが重要です。


■予想よりも高い場合はあるのか

例えば、築年数が30年以上経過している物件の場合はリノベーションを行うほうが適していますので、
業者による買取を選択したほうが良いでしょう。
汚くてボロボロの物件というのもあります。
その場合は業者に買い取ってもらうほうが仲介との差額が出にくく納得しやすいことは確かです。
また、中には値段が安くなりがちな傾向がある業者買取ですが
予想よりも高い値段で買い取ってもらうことができたというケースもあります。
主に状態が良好でありリフォームなどを必要とはしない物件が当てはまります。
希少性の高いエリアに住んでいた場合は、売り物自体があまり出てきません。
ですので、売れると判断したときには買取価格が高くなることもあり得ます。

プロである業者ですが、
相場を見誤ってしまうなどのミスもあり高値で買取しすぎたケースもたまに見られます。
ですので、まずは話を聞いてみて判断しておいたほうが良いです。
ただ、多くの場合、仲介を依頼するときよりも売却査定額が高くなることはありませんので
この点は留意しましょう。


■最後に

いかがでしたでしょうか?
今回はマンションを業者買取にした場合の価格について解説しました。
古いマンションを売却するときに、本当に売れるのか、どのくらいの期間で売れるのか、値段は?
など気になることが多いと思います。

今回の記事が少しでも皆さまのお役にたてば幸いです。
当社には、不動産業界に長年携わっている経験豊富なスタッフが多数在籍しています。
また、弁護士や税理士、司法書士等、各分野のエキスパートの連携体制もあります。
不動産売却についてお困りの方は、札幌不動産買取査定センターへお任せください。
当社に今すぐご連絡ください