不動産投資をするなら知っておこう!成功のための基礎知識

f749d8dd6a812334d1ca723264307647_l-1
不動産投資がブームになりつつありますが、
まったくの素人が手を出すと失敗する可能性があります。
したがって、最低限の基礎知識を身につけておくことが非常に重要です。

まずは、一口に不動産投資といってもさまざまな種類が
あることを理解しましょう。
そのうえで自分にとって理想的なものを選択することが
最初のポイントになります。

今回は、不動産投資の基礎知識について詳しく解説していきます。


■マンションを貸し出す際のポイント

最も手軽に始められるのは、分譲マンションの一室を
購入するスタイルです。
それを他人に貸し出すことによって、毎月賃料を
収入として受け取れます。

必要なのは一室だけですが、一般的な金銭感覚でいうと
決して安くはありません。
しかし、投資の元手として用意する不動産としては安い部類に入ります。

うまく探すことでかなり少額に抑えられるため、予算が潤沢であれば
複数の部屋を購入することも視野に入れましょう。
ただし、同じマンションの部屋ばかりを借りるのは得策とはいえません。
いろいろな地域の物件を借りることはリスクの分散につながります。

新しい駅がつくられる地域や、アミューズメント施設を建設中の地域など、
収益が見込めるところを選ぶことがコツです。
ただし、この方法にはデメリットもあるので注意しなければなりません。

それは購入した部屋が少ないと収入が途切れてしまう
可能性があるということです。
それらを借りたいという人が現れなければ、その間はずっと収入を
得られない状態が続きます。

たとえ入居した人がいても、1室しか所持してなければ安心はできません。
その人が何らかの理由で突然退居してしまえば、翌月からいきなり
無収入になってしまいます。

そのため、1室しか購入しないなら、入居者が途切れないような物件を
慎重に選ぶことが大切です。

それに対して、マンションやアパートなどを一棟ごと購入する方法もあります。
こちらの場合は空室であっても、他の部屋の家賃で収入を
カバーすることができます。

その代わり、元手となる資金は上記の方法より遥かに高額になってしまいます。
つまり初期投資に関する点さえクリアできるなら、安定した収入を
見込みやすくなるということです。

ただしこの方法にも欠点があるので覚えておきましょう。
それは建物全体が被害を被るような事態が起こった場合、
大きな痛手を受けてしまうことです。

この方法は見方を変えると、同じ場所にある物件をいくつも
購入していることに他なりません。
上記の方法と違ってリスクを分散させられないということです。

たとえば、災害などが起こった場合は、初期投資の費用を
回収できない事態になることもあるでしょう。
また、地域が廃れるなど自分ではどうしようもない理由により、
入居希望者が激減することもありえます。

そのため、1室だけを購入するときと同様に、将来性まで見据えて
慎重に選ぶことが重要となるのです。


■戸建を貸し出す際のポイント

また、一戸建てを購入して貸し出す人も増えています。
こちらはいずれ自分が住むことも視野に入れている人が多いです。
どちらにせよ、主流になっているのは中古物件を安く購入して
リフォームするスタイルです。

人気のある地域で新築住宅を建てるのは非常に難しいです。
そもそも土地が空いていませんし、土地があっても高額なので
うかつに手を出せません。

しかし中古物件であれば見つけやすいですし、トレンドを考慮した
リフォームにより入居者も見つけやすくなります。
単純に貸し出すのではなく、シェアハウスや民泊の建物として
運用するのも一つの手です。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は、不動産投資の基礎知識について解説しました。

その他にも建物ではなく、土地を購入する形で投資を行う方法もあります。
土地の活用にはノウハウが必要ですが、建物と違って劣化しにくいこと などが大きなメリットです。

不動産投資にはこういった手段があることを基礎知識として
把握しておきましょう。

不動産投資についてご不明な点がございましたら、
札幌不動産買取査定センターにお問い合わせください。
当社に今すぐご連絡ください