不動産買取でリースバックを選ぶメリットってなに?

f0bdb4d4535142fb6b5f898a8dcc465c_s

不動産を購入したのよいけれども、リストラや病気などによりローンの支払いが難しくなったり、
生活費や教育費などを用意するのが難しくなったなどのような理由で、
不動産買取を検討する人もいることでしょう。

不動産売却と聞くと、新しい家主や不動産会社に不動産を売却し、
引っ越しを伴うものが多いと思っている人が多いかもしれませんが、
不動産を売却しながらも、引っ越しをせずにそのまま不動産に住み続けられるように
するためにつくられたシステムがあります。

大手不動産業者がサービスを提供しているリースバックと呼ばれるものです。
今回は不動産買取でリースバックを選ぶメリットについて詳しく解説していきます。


■リースバックとは

そもそもどのような仕組みなのかというと、不動産買取を依頼した後も、
引っ越しをすることなくそのまま続けられるシステムのことを指します。

不動産業者に不動産を売却して現金を受け取った後に、
新たに賃貸借契約を結ぶ仕組みとなっています。
所有者としての権利は失うことになりますが、それまで通り住み続けることができるので、
ローンを払い続けることができないなど、資金が必要だけれども
引っ越しをしたくないという人にはぴったりのシステムと言えます。

特にローンの支払いが難しい、借金により首が回らなくなってきた、老後の生活資金を確保したり、
子供の教育費が必要だという場合には非常に向いているシステムです。
資金繰りが難しくなった人がおこなう手段の一つとして注目を集めています。


■メリット

不動産買取でリースバックを選ぶメリットとしてまず第一に考えられることが、
買取後もそのままその不動産に住み続けることができる点です。

売却するため所有権が取引きの相手に移ってしまいますが、
固定資産税などの費用を支払う義務もすべてなくなります。
毎月家賃を支払うだけなので、住み続けるハードルもそれほど高くはないでしょう。

また将来的に売却した不動産を買い戻せる可能性もあります。
通常の不動産売却を選んだ場合には、売却後ほとんどの場合取り戻せないでしょう。
取引き相手と交渉次第ではありますが、将来的にその不動産を所有できる可能性が高まります。
しかしリースバックにはメリットだけではなくデメリットもあるため、
事前に把握しておく必要があるでしょう。


■デメリット

まず第一に家賃が高いケースがあるという点です。

リースバックの家賃は売却価格の10パーセントほどが相場となっています。
もしも2000万円で売却した場合には、その家賃は20万円ほどとなります。
高く売却したいけれどもそうすると月々の家賃が高くなってしまい、
だからといって月々の家賃を抑えたいのであれば、売却代金が安くなるという仕組みです。

そして通常の売却と比べた場合には、売却価格が安い傾向にあります。
住み続けられるというメリットはあるものの、数百万円単位の差が生じることもあり、
本当に利用するべきなのかをしっかりと検討しなければなりません。
また将来的に買い戻したいと思った場合には、売却したときよりも高くなる傾向にあります。
売却した時には1800万円だったのに買い戻す際には
2000万円になっているというケースもありえることです。
将来的に買い戻したいと考えているのであれば、
この点についてもしっかりと把握しておかなければなりません。


■最後に

いかかがでしょうか?
今回は不動産買取でリースバックを選ぶメリットについて解説しました。

不動産を売却した場合には、リースバックを利用するのか、
しないのかは関係なく譲渡所得税が課せられることとなります。
売却したとしても、税金が課せられることを頭に入れておかなければなりません。

お金が必要だけれども引っ越すのはいやだと考える人にとって、リースバックはぴったりのサービスと言えます。
しかしメリットがある半面、デメリットがあるのが事実なので、
まずは自宅の価値をしっかりと把握し、 慎重に利用するかどうかを検討する必要があるでしょう。


不動産買取についてお悩みの方は
札幌不動産買取査定センターにご相談ください。

当社に今すぐご連絡ください