不動産売却で古家付き土地を売却するメリット・デメリット

不動産買取
古家が残ったままの土地売却を考えた時、解体して更地にした方がよいのか、
そのままにした方がよいのか悩みますよね。
今回は不動産売却で古家付き土地を売却することのメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。


■メリット


古家付き土地をそのままの状態で売却するメリットとして、
まず第一に挙げられることは解体費用がかからないことです。
建物を解体する費用は構造や立地、廃棄物の量などにより大きく異なりますが、
莫大な金額がかかることには変わりありません。
築年数が古い建物であっても、近年では古民家として住みたいという需要も増えてきているので、
住みたい人が見つかれば解体の手間も費用もかけることなく売却することが可能です。

そして固定資産税が上がらないことも大きなメリットと言えるでしょう。
土地に建物が建設されている状態であれば、
土地にかかる固定資産税は軽減されるという特例が認められています。
土地を売却するために解体工事をして建物を取り壊してしまった場合には、
この特例措置が受けられなくなって、固定資産税も上がってしまいます。
更地にしたからといってすぐに売れるという保証はなく、
もしも売却できなかった場合には、高額な固定資産税を払う必要が出てきます。
古家付き土地であれば、建物が建っている状態なので、
固定資産税の特例を受けたままでいることです。


■デメリット

しかしなかなか売却できない状態が続いた場合には、近隣に住んでいる人たちに迷惑かけないように、
さらには自分自身の身を守るためにも、定期的に修理を行ったり、管理を行う必要は出てきます。
反対に古家付き土地を売却するデメリットとしては、瑕疵担保責任があることです。
瑕疵担保責任がどのようなものかというと、これはもしも売却した物件に欠陥が使った場合には、
売り主がその責任を負わなければならないことです。
瑕疵に気付いてから1年以内など、定められた期間内に見つかった場合には、
修理をする責任があります。

そして売却価格が安くなることもデメリットとなります。
条件によっても異なりますが、
更地の方が売却しやすく高い値段がつけられる傾向にあるといえます。
近年では古民家に住みたいという需要が増えているとはいえ、
日本ではまだまだ新築の需要が高いのが現状と言えます。
そのため築年数が古い建物が建っていればには、もしも買い手が新築を希望している場合には、
解体費用を負担しなければならないので解体費用を考慮した売却価格を望むことになるため、
どうしても売却価格は安くなる傾向にあります。
このように古家付き土地を売却することにはメリットやデメリットもあるので、
そのほかの方法を選択肢に入れることも考えておく必要があります。


■その他の選択肢

まずはリフォームやリノベーションをして売却する方法です。
古い家を解体して更地にするのではなく、
現在の建物もリフォームして売却する方法も一つの手段といえるでしょう。
解体して新築にしたい買い手は対象から外れることになりますが、
中古物件に住みたいと考えている人には選択肢の一つになるはずです。
中古物件を購入希望の買い手が見つかった場合には、きれいになっている建物を見た方が印象もよいので、
実際に住むイメージもわきやすくなるでしょう。
解体費用もかからず、売却できなかった際にも固定資産税の特例を受けることができます。
しかしリフォーム費用が発生することはデメリットとなります。
リフォームした分価値が上がるとはいえ、売れるとは限りません。
簡単なリフォームであれば費用を抑えることは可能ですが、
本格的に行った場合には費用が高額となります。
また費用をかけた分だけの売却価格になる保証もなく、
費用を上乗せしたことで売りにくくなる可能性も出てきます。
買い手のニーズが分からないので、大掛かりなリフォームを行うと損をする可能性もあるため、
見た目の印象が変わって、なおかつ少額でできるリフォームを選ぶケースが多く見られます。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は不動産売却で古家付き土地を売却することのメリット・デメリットについて解説しました。

解説の通り、様々なメリットやデメリットがありますので注意が必要です。
ただし実は瑕疵担保責任は、業者買取の場合は負う必要がありません。
物件の状態に不安のある方は、
仲介での売却ではなく業者買取をご検討してみるのも良いのではないでしょうか?

当社では、不動産買取に精通したスタッフが数多く在籍しております。
業者に売却する場合も個人間で取引をする場合でも、
一度是非プロのアドバイスを聞いていただければ幸いです。
札幌不動産買取査定センターにお気軽にご相談ください。
当社に今すぐご連絡ください