不動産買取で空き家を売却する方法

古家 買取
不動産買取会社はいくつかありますが、買い取りを受け付けてくれるのは
普通の住宅や土地ばかりで空き家の売却を受け付けてくれないことがあります。
そのため事前に空き家を売却するための準備を行う必要があるのです。
今回は不動産買取で空き家を売却する方法について詳しく解説していきます。


■最優先に行うこと

空き家の売却する際に一番有力な方法は室内と敷地内の清掃を徹底することです。
空き家は築年数が浅いものでなければ比較的安い値段がついてしまうことが多いです。
値段が安くなってしまうと、周辺の整備のための費用や室内の内装の修繕費、
点検などでほとんど値がつかないことが多くなってしまいます。
そのため少しでも売値を高くするためにも自分でできることは事前にしておく必要があるのです。
周辺の整備はその一つで、
雑草の除去や室内の清掃は不動産買取を依頼する前に必ずやっておきましょう。


■所有する空き家に需要があるのか

周辺の整備を徹底したあとは、
付近のアクセスや利便性なども考慮して買取依頼するかを考えましょう。
特にインターネットの光回線が利用できない住宅は一気に価値が下がってしまうことがあります。
道路が舗装されていなかったり、
市のハザードマップに指定された地域であれば更に値段は下がること可能性もあります。

買い取りが期待できない場所に住宅が位置している場合は、
住宅を解体して土地を売却する方法のほうが高く売れることすらあるのです。
なるべく市況を考慮して売る必要があります。
売却したい空き家が市場で需要があるかを確認することも重要です。
離島や郊外から離れた場所にある地域では買い手が見つからないことが多いです。
買い手が見つからず、買い取りが成立しない事態に備えて、
予め買取希望者が多いインターネットを利用した不動産買取を専門に行っている会社に
依頼すると有効でしょう。
インターネットのオークションサイトに住宅を出品する方法も有効です。
その場合は外国人への売却も可能になるので、
実店舗でローカルの不動産買取会社に依頼するよりは確実です。

不動産はなるべく早めに売却したほうが良いでしょう。
不動産の買い取りが遅くなってしまうと、
それだけで維持費や税金などがかかってしまうことがあります。
それらの損失が膨らんでしまうと、
買取価格が高くても目減りしてしまうことがあるのでなるべく早く売却を完了させたほうが良いです。


■消費税増税を見据えて

間もなく消費税増税によって買取価格がから引かれる消費税が値上げされてしまうことがあります。
2019年に消費税が10パーセントになり、2パーセントの上昇です。
住宅は高価な買い物ですので2%でも大きな金額になります。
なるべく増税前に売却するようにしたほうが良いでしょう。

不動産の取扱会社に依頼するのではなく、身内に売却するという方法も一つの手です。
特に身内に売却する方法であれば売却ではなく
譲渡にすることも可能なので税率を下げることもできます。
自由に値段を変更することもできますし、
仲介の不動産会社に手数料を取られてしまうことがないので双方が得をするでしょう。
ただし、会社を通さないことにより起きるトラブルも少なくありません。
個人間取引が必ずしも適しているかは冷静な判断が必要でしょう。


■最後に

いかがでしょうか? 今回は不動産買取で空き家を売却する方法について解説しました。

空き家を売却する方法は、不動産会社に依頼して売却するだけでなく、身内や近親者などに売却や譲渡するという手段もあります。
大事なのは、ご自身の状況にあった売却方法を考え、そして選択することです。
当社では、不動産買取に精通したスタッフが数多く在籍しております。
業者に売却する場合も個人間で取引をする場合でも、一度是非プロのアドバイスを聞いていただければ幸いです。
札幌不動産買取査定センターにお気軽にご相談ください。
当社に今すぐご連絡ください