不動産買取を依頼する時に用意する必要書類について

office-659689_1280
所有している不動産を売却するためには、
用意しておかなければいけない必要書類が多いため気をつけなければいけません。
不動産会社などに買取を依頼しようと考えていても、
準備しておかなければいけない書類の不備などにより売り渡すことができない人も数多くいます。
売却するために準備しておかなければいけない書類によっては、
すぐに用意できないものもあるので計画的に進めることが必要不可欠です。
今回は不動産買取を依頼する際に用意する資料について詳しく解説していきます。


■必要な書類など

不動産買取を専門業者などに依頼する場合は、自分の身元を証明できる身分証明書が必要になります。
身分証明書は、土地を所有している本人の書類が必要です。
一つの土地を複数の名義人で所有している場合は、
権利証や登記簿などに記載されている全員分の身分証明書が必要になるので注意しましょう。
共有して所有している全員分の身分証明書が必要となるため、
遠く離れた場所に住んでいる場合はすぐに用意することが難しくなります。
売却する予定がある場合は、あらかじめ用意しておくと手続きをスムーズに進めることが可能です。
身分証明書と一緒に必要になるのが、本人の実印になります。
実印も本人確認の書類と同様に、登記簿などに記載されている全員の分がなければ手続きをすることができません。
実印と一緒に用意しておく書類が、印鑑証明書になります。
印鑑証明書は、住所を管轄している自治体で取得することが必要です。
身分証明書を集める場合は、一緒に印鑑証明書を取得しておく方がよいでしょう。
印鑑証明書で注意しなければいけない点は、使うことができる有効期限が決まっていることです。
印鑑証明書は3ヵ月以内に取得したものでないと使えないため、期限などに気をつけること多重要になります。
住民票も、登記簿に記載されている住所が異なる場合に必要書類の一つです。
住民票も自宅を管轄している自治体に行かないと取得できないので、
印鑑証明書と同時に用意しておくとよいでしょう。
住民票も印鑑証明書と同様に、有効期限があるので注意しなければいけません。


■買取依頼の場合は

これら以外にも不動産買取を依頼する場合は、登記済権利書か登記識別情報を用意します。
登記済権利書を用意するためには、法務局で申請しなければいけません。
登記済権利書は、登記簿などに記載されている人物が所有者であることを証明書してくれる書類です。
売却をする物件の内容なども、登記済権利書で確認することができます。
物件の所有権を移転登記する場合にも必要となる、とても重要になる書類です。
不動産買取に依頼する物件を取得したのが平成17年以降の場合は、
登記識別情報と呼ばれているものが発行されていることもあるので注意しましょう。
登記識別情報が発行されている物件を売却する場合は、登記済権利書ではなくこちらを準備します。
登記済権利書や登記識別情報などを売却する時に買主に渡すことで、物件の所有権が相手側に移ることになります。
「固定資産税の納税通知書」か評価証明書も、不動産買取をする場合の必要書類です。
固定資産税の納税額を確認する時や、
物件の移転登記をする場合に必要になる登録免許税を算出するのに使う書類になります。
固定資産税は物件を諸湯している人に対して、毎年1月1日時点で課税される税金です。
物件を売却する時期に応じて、売り主と買主とで調整されることになります。
不動産買取を依頼する物件が一戸建ての住宅や土地のみの場合は、
土地測量図や境界確認書も必要書類になるので注意しましょう。
建築確認済証や検査済証なども一戸建て受託などを売却する場合は必要になるので、
忘れずに準備しておくことが必要です。
不動産買取をする物件がマンションの場合は、管理規格を記載している書類などが必要になります。


■最後に

いかがでしたでしょうか?
今回は不動産買取で必要な書類と注意点について解説しました。
不動産は買うときも売るときも書類や準備が大変ですね。
今回の記事が少しでも皆さまのお役にたてば幸いです。
当社には、不動産買取の経験豊富なスタッフが多数在籍しています。
不動産買取をお考えの方は、札幌不動産買取査定センターへお任せください。
当社に今すぐご連絡ください