事前に知っておこう!不動産買取りや仲介の査定実態について

cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_s

一戸建て住宅や分譲マンションなど所有している不動産物件を手放す機会には、
少しでも高い金額で売ることを希望することは良くあることです。


近年の傾向では住宅資材の高騰により、家を建てるには莫大な費用が掛かります。

今回は不動産買取りや仲介の査定実態について詳しく解説していきます。


■買取査定を出す前に確認を

一戸建て住宅のケースでは、開発され尽くし便利なエリアを選ぶことができなかったり、
マンションでも便利な場所は高額で販売されています。

そのため、中古物件には常に一定の需要というものがあり、買い手によって欲しがる物件やそのエリア、
土地面積なども大きく異なることも現状です。


中古物件を売るには普通の不動産会社を通じて仲介業務を行ってもらう方法と、
不動産買取りを主に行う会社があるので、どちらでも自由に選べます。

大切になることは、どちらのケースでも高く売るには査定実態を把握しておくことです。
豆知識もあり、その中には物件の状態を少しでも良くしておく内容もあります。

古い住宅だからといって、何もせずにそのまま不動産買取りなどに出してしまうと、
査定額が低くなる可能性も否定できません。

最低限行っておきたいことがあり、物件の内外装を綺麗にすることです。


■清掃やリフォームする場合は

自力で外壁洗浄や室内の掃除を行うことも不可能ではありませんが、
ハウスクリーニングをプロに任せることも一つの案です。

外周も雑草などが多く茂っている際には、全てを整理することも基本的な豆知識です。

買い手側に清潔感をアピールできるように施すことが肝心になり、
特に水回りの場所は徹底した掃除を済ませることが必要です。

あまりに老朽化している物件の場合、そのままでは買い手が見つからないのでは、
と考えてしまうこともあります。


査定実態では仲介でも不動産買取りでも、買い手の要望にできるだけ合わせることは基本としています。

解体して更地にしなければ売れ残ってしまう事例もあり、
この範囲に入る物件の所有者は事前に自宅物件の解体料金を把握することが必要です。


もしも、1,200万円の価値が付けられたとしても、買い手が解体を希望する場合では、
この額面から解体費用を省いて提示することが査定実態です。

そのため、前もって具体的な解体費用を把握しておくと、
スムーズで損をしない交渉を行うことができます。

中古物件を売却することに関しては、解体を希望する方以外はそのままで売ることが原則です。

購入された方が自分好みにリフォームやリノベーションを行うことも人気があるので、
売却前に自らリフォームすることは避けた方が賢明です。

しかし、不動産買取りの会社では、買取りをした物件をそのまま売るのではなく、
自社にてリフォーム・リノベーションを行い、綺麗に再生してから売ることも珍しいことではありません。
このような状態の物件では、土地価格と多少の建物の査定額になることが多いのですが、
このシーンでも損をしてしまわないように、

最低限、所有している土地価格だけでも調べておくことは欠かせません。


■適正な土地価格を知ろう!

土地価格はインターネット上でも検索することができ、
いくつかの方法で算出された新しいデータをいつでも知ることができます。


解体しない場合では、土地価格の平均以上で売却することが望ましいことなので、
事前に価格相場を知ることは肝心です。

不動産会社を選ぶ際にも豆知識があります。
単に家から近いというだけで会社選びをするのではなく、インターネットを使うと
一括査定を無料で試せるので、
高い査定額を出している会社を自力で見つけることは今では普通のことです。

売れるか売れないのかは、買い手の趣味趣向、予算や都合で大きく変わるので、
古くても売れる物件は沢山あります。

アピールできるポイントを明確にして忘れずに伝えることや、
問題がある箇所については隠さずに伝えることも査定実態では大切なことなので、

自宅についての情報を十分に把握しておくことも欠かせない内容です。


■最後に

いかかがでしょうか?
今回は不動産買取りや仲介の査定実態について解説しました。

不動産売買ではエリアや近郊の施設・建物も大事です。

もちろん、売りたい建物自体の状態も綺麗であればあるほど価値は上がります。
そして買取査定をお願いするにあたっていくらが適正なのか、知ることが大事です。

不動産買取についてお悩みの方は

札幌不動産買取査定センターにご相談ください。

当社に今すぐご連絡ください