今回は相続した実家のマンションを買取に出すときに気を付けたいこと

824e03acc6425d244814440b17d61cc3_s

遺産相続で実家のマンションを引き継いだものの、
空き家状態になっているケースは少なくありません。

実家である上、勿体ないからと相続をしても、
そこに住む人がいないというパターンはありがちです。
将来的に活用する予定があるのなら良いのですが、
放置物件になっている場合は注意した方が良いかもしれません。
今回は相続した実家のマンションを買取に出すときに気を付けたいこと
について詳しく解説していきます。


■放置しておくことのデメリット

放置しておくデメリットもあり、まず固定資産税が発生してしまうことです。
使っていない物件だろうと所有していることで税金の支払いをしなければいけません。
言わば金食い虫になっている状態であり、今後使用予定がない物件となると、
無用な出費をしていることになります。
決して安くない負担が圧し掛かることもありますので、
金銭的なリスクになり得ることを理解しておくことが大切です。

管理が行き届いていないと価値が下がってしまうのもデメリットと言えます。
住まいというのは人が住み適切に管理を行っていかないと、
部屋の傷みを促進させてしまいます。
定期的に足を運んで掃除や空気の入れ替えなどができているのならまだしも、
殆ど行くことがないというケースもあるでしょう。

そのように放置されている物件ですと部屋が傷む上、
不動産としての価値の低下も招いてしまうのです。
後々になってから売ろうと思った時にも、
長く放置されていたことで売値が下がってしまうことが考えられます。


■その他の注意点

その他にも、空き巣被害のリスク増にも注意しなければいけません。
人が住んでおらずともチラシなどが郵便受けに入れられることもありますが、
溜まった郵便物から空き家と判断され空き巣に入られてしまう危険性があるのです。

マンションとはいえ古い物件ですと、セキュリティが甘いつくりになっていることがあり、
部外者でも簡単に入り込むことができます。
玄関の鍵も容易に開錠されてしまうこともありますし、
階層によってはベランダから侵入をすることもできるため、
マンションだから安心というわけではありません。

相続後、適切に扱っていかないと負の遺産にもなりかねない空き家物件ですが、
もしも利用する予定がない場合は売ってしまうのもひとつの選択肢と言えます。
実際、相続をしたものの活用ができない、
住む気持ちがなくなったなどの理由で売りに出されるケースは多いのです。

固定資産税などで費用負担が発生する存在でもあるため、
買取に出すかどうかの決断は早めに行うことが大切です。
なお、相続物件を売却する際には相続登記の手続きが必要になったり、
譲渡益がある場合は譲渡所得税が発生したりすることがあります。
売却における注意点もありますので、
疑問点がある場合は司法書士などの専門家に相談をしてみるのも良いかもしれません。


■売却の方法

売却の方法はいくつか考えられます。 ひとつは不動産会社に買取をしてもらう方法です。
即時売買が可能なのが特徴で、速やかに現金化をしたい場合に適しています。
ただ相場価格よりも安値での引き取りになるというデメリットもあります。

次の方法として、とにかく高く売ることを目指す場合は、
仲介をしてもらう方法がおすすめと言えます。
買い手を探さなければいけないため、売却に時間が掛かるのがデメリットですが、
より高く売れやすいのが特徴です。
不動産は高値での売却を望む人が多く、
よりお得に売れる可能性がある仲介を選択するケースは少なくありません。

その他にも不動産会社によっては保証付きプランでの売却も依頼できます。
これは希望価格で販売活動を行ってもらえるというものですが、
それでも売れ残ってしまった時には予め決めていた価格で引き取ってもらえるのです。
高値売却を目指しつつ、売れ残りリスクの心配がないという
安心の売却プランと言えるでしょう。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は相続した実家のマンションを買取について解説していきました。

誰も住んでいない実家で将来的にも活用する予定がない場合はなるべく早く売却したほうが
税金対策にもなり、資産価値も高くすることができます。

当社では相続した実家の買取にも力を入れております。
不動産買取のことでお困りの方は札幌不動産買取査定センターへご相談ください。
当社に今すぐご連絡ください