任意売却は自己破産しなくてもできる?|札幌の不動産売却

相続放棄 流れ

「住宅ローンなどを札幌の不動産の任意売却で解説しましょう」という話になると、
多くのお客様が「任意売却は自己破産しなければできないのではないか」
「任意売却と自己破産は同じではないか」と不安に感じるようです。

任意売却と自己破産はどこが違うのでしょう。
それぞれ、どのような手続きなのでしょうか。
任意売却は自己破産しなければできないのでしょうか。
任意売却を使う上で、多くのお客様が不安に感じるポイントについて説明します。

任意売却と自己破産とは

任意売却とは、住宅ローンの返済が残っている不動産などを売却し、
売却金でローン残金を返済する方法になります。

住宅ローンの借入をしていると、札幌のマイホームなどに抵当権がついているはずです。
抵当権がついている状態だと、通常の不動産売却では基本的に売却できません。
住宅ローンの担保になっている状態だからです。

任意売却は住宅ローンの残金を売却金で返済し、抵当権も解決するという方法になります。
不動産売却の中でも、「負債のある状態」を解決するための不動産売却方法なのです。
なお、任意売却は不動産売却の手法の1つなので、
基本的に不動産会社が中心的なサポートを行います。

自己破産は、裁判所での手続きです。
裁判所を通じて負債の免責を受ける手続きが自己破産なので、
不動産売却の1手法である任意売却とは異なります。
自己破産では、免責されない負債もあることに注意が必要です。
ギャンブルで作った負債などは、免責されない可能性が高いと言えます。

このように、任意売却と自己破産には大きな違いがあるのです。

自己破産をしなければ任意売却はできないの?

任意売却と自己破産は異なる手続きです。
任意売却は不動産売却という性質上、不動産会社がサポートすることが多くなっています。
任意売却を行う不動産会社は弁護士や司法書士などの士業と提携していることも多いため、
法的なサポートも受けられる「負債問題を解決するための」不動産売却になるのです。

対して、自己破産は裁判所手続きです。
自己破産の際は弁護士が負債の整理を行い、免責については裁判所が決定します。
そのため、不動産売却の手法である任意売却とは異なるのです。
自己破産をしなければ任意売却ができないというわけではありません。

札幌で住宅ローンなどの返済に困っている場合は、
任意売却だけで解決を試みることも、もちろん可能です。
ただし、任意売却をしてもローン残額があって返しきれない場合や
他負債の返済が苦しい場合などは、自己破産を検討することも必要になります。

最後に

任意売却は自己破産しなければできないという訳ではありません。
札幌の住宅ローン返済問題などは、任意売却だけで解決できる可能性があるのです。

返済問題で悩んでいる人は、まずは任意売却を検討してみてはいかがでしょう。
札幌の不動産の任意売却は、札幌不動産買取査定センターにお任せください。

当社に今すぐご連絡ください