任意売却|マンションの滞納している管理費を解決する方法とは

f1472a01282b4e7251d77abc40b3e11d_l-1

マンションの管理費は、マンションを
住みやすく保つために重要な資金源です。
マンションの住人たちが管理費を積み立てることにより、
大規模な修繕が必要になった時の資金源にします。

ほかにも、エレベーターなどの共用部分の費用に充てたり、
共用部分の修繕費に充てたりするのが管理費です。
マンションで快適に暮らす上で重要になるのが
「管理費」という存在になります。

今回は、マンションの管理費を滞納すると
どうなるのかについてや、マンション管理費を
滞納した時の解決法について解説します。


■マンション管理費を滞納するとどうなるのか

マンションの管理費を滞納すると、
どうなるのでしょうか。
結論としては、最終的に「競売」に繋がります。

マンション管理費の場合は、滞納してごく短期間に
競売を申し立てられるケースは少ないのが現状です。
競売はあくまで最終手段になります。
マンションを管理する側にとっても競売は
大変な手続きだからです。

マンションの管理費を滞納すると、管理組合の理事会などで
「どのようにマンション管理費を回収するか」を
話し合うところからスタートします。

マンションの管理組合の理事会は住人で
構成されることがほとんどです。
理事会で「マンションの管理費を滞納している住人がいる」と
対策を話し合う段階で、構成員に滞納が知られてしまう
可能性が高くなります。

自分や家族の生活が居心地の悪いものになる可能性があるのです。
マンションの管理費を滞納への対処は、督促などの
穏やかなものからスタートするのが基本です。

督促によってもマンション管理費の支払いに
応じてもらえない場合は、少しずつ強い方法が
とられるようになります。


■マンションの滞納している管理費は任意売却で解決を

マンションの滞納している管理を解決する方法には
「相談」と「任意売却」があります。
マンションの滞納している管理費の額が小さい。
マンションの管理費をうっかり払い忘れてしまった。

このようなケースでは、相談の上で管理費の支払いに
応じることにより、穏便に解決できる可能性が高くなります。
マンションの滞納している管理費が膨らんでいる。
マンションの滞納している管理費を払える見込みがない。

以上のようなケースでは、相談の上で支払って
解決することが難しくなります。
支払える見込みがなければ滞納が続いてしまうからです。

解決のためにはマンションの売却を検討する必要があります。
ただ、マンションの管理費を滞納していると、通常の
不動産売却では対応が難しくなります。

マンション管理費の滞納分が買主に
引き継がれてしまうからです。
マンション管理費を滞納している場合は
任意売却を使うことが解決法になります。

任意売却では、任意売却金をマンション管理費滞納分の
支払いに充てることが可能だからです。
任意売却には「住み続けられる可能性」や
「引っ越し費用の捻出を視野に入れた売却ができる」
といったメリットもあります。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は、マンションの管理費を滞納すると
どうなるのかについてや、マンション管理費を
滞納した時の解決法について解説しました。

マンション管理費を滞納すると、督促などから
スタートして最終的に競売にかけられることになります。
競売によってマンション管理費滞納分を回収するためです。

競売を避けるための方法は2つあります。
相談と任意売却です。
滞納額が大きいと相談による解決が難しくなる上に、
今後の生活にも大きな影響を及ぼします。

マンション管理費の滞納でお困りの方は、
札幌不動産買取査定センターへご相談ください。
マンション管理費の滞納状況を確認し、
任意売却などの解決策を提案いたします。


当社に今すぐご連絡ください