住んだままマンション売却をするメリットとは

021d308ec32989091274a560e9b166ea_s

マンション売却をする方法は大きく2つに分けることが出来ます。
まず、仮住まいを見つけ、そこに生活の拠点を移した状態で
これまで住んでいたマンションを手放すという方法です。

マンションが売却されることによって手にするであろうお金を
手にする前に引越しなどをする必要がありますので、
お金に余裕が無いという場合には難しいと言えます。

そこで、近年増えてきているのが、
住んだままマンションを売却することが出来るというものです。
今回は住んだままマンション売却をするメリットについて解説していきました。


■2つの買取タイプ

なお、住んだままマンションの買取を行うというサービスには2つのタイプがあります。
まず、新築分譲マンションを新たに購入することに伴うタイプと
自宅を売却した後も住むことが出来るというタイプです。

新築分譲マンションを購入することに伴うタイプはその名の通り、
新築分譲マンションを購入することが前提となります。
今現在住んでいるマンションを新たに購入した新築分譲マンションの販売業者が
買い取ってくれるというものです。

引っ越しをした時に個人で売却しようとしても、買い手が見つかるとは限りません。
販売業者が買い取ってくれるのであれば、売れ残る事はありませんし、
新築分譲マンションの引渡日までマンションの買取を待ってくれるため、
気持ちに余裕を持つことも出来ます。

一方の自宅を売却した後も住むことが出来るというタイプは、
これまでも行われてきた買い戻しサービスと同じ内容と言えるでしょう。


■住んだまま買取ってもらうメリットとデメリット

住んだままマンションを売却するメリットはいくつかあります。

まず、仮住まいを見つける必要もそこに引っ越しをする必要もないということです。
仮住まいを見つけるとなると、時間もかかりますし、
希望通りの物件が見つかるとも限りません。
また、そこに引っ越しをするための費用や敷金礼金などを支払う必要もあります。
住んだままマンションを売却することが出来れば、その費用を節約することが出来ます。

さらに、マンション売買時の仲介手数料がかからないということがあります。
買取をしてくれるのは、マンションの販売業者ですので、
業者が売買を仲介するという事はありません。
そのため、その費用もかからないというわけです。

そして、個人で買い手を探す必要が無いということもメリットでしょう。
購入を希望するという人が現れた場合、家の中を希望者に見せる必要があります。
何組もの希望者がいれば、その都度見学をしてもらわなければなりませんので、
ストレスに感じるという人もいるでしょう。
家の掃除をしたりなどの準備をしなければならないかもしれません。

そして、近所にマンションを売却をすることを知られる心配がありません。
不動産業者を介してマンションの売却をすると、
新聞チラシなどに売却情報が掲載されるためマンションを売却することがバレてしまいます。
その事を根掘り葉掘り聞くという人は稀でしょうが、
気になるという人も多いことでしょう。

住んだまま売却することが出来れば、
近所の人に売却をしようとしていることを知られるという事はありません。

マンションなどを売却する時に、売り主が瑕疵担保責任を負う義務があります。
住んだままマンション売却であれば、売却をする相手が業者ですので、
瑕疵担保責任を負う必要がありません。

瑕疵担保責任を負わなければならないとなると、
マンションを引き渡した後もしばらくはそのことを気にしながら暮らさなければなりません。
思っている以上の金額を負担しなければならないこともあるでしょう。
心配しながら暮らさなくても良いというのは、精神的にもストレスがありません。

デメリットとしては、買取価格が通常の金額に比べて安くなるということでしょう。
市場売買相場の7割ほどの金額となることもあります。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は住んだままマンション売却をするメリットについて解説していきました。

家を売却するとなると、先に引っ越しして空けておかないと!
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、済んだままでも売却することは可能なんですね。

当社では相続不動産の買取にも力を入れております。
不動産買取のことでお困りの方は札幌不動産買取査定センターへご相談ください。

当社に今すぐご連絡ください