住替えする時には住宅ローンの残債があっても不動産買取してもらえる?

f2f5514824048dc52f0f46cb35517110_l-1
ローンで建てた家に住んでいるけれども、家族が増えて家が手狭になってしまったなどの
事情でやむを得ずに、マイホームを売却して住替えをしなければならなくなった
ということもあるかもしれません。

そんな時にはどうしたらいいのでしょうか?
今回は、住宅ローンの残債があっても不動産買取できるのかについて詳しく解説していきます。


■住宅ローン完済ができない場合

まだ住宅ローンが残っているけれども家を売って住替えをすることができるのでしょうか?
この点については住宅ローンを完済して抵当権を抹消すれば
売却はできるものなのですが、住宅ローンが残っている状態ですが
不動産売却をしなければならないという場合には、住宅ローンが残った状態であっても
不動産を売却することができると言われているのです。

ただし、不動産を売却するためには、売る予定の自宅のローンに設定されている
抵当権が抹消されている必要があります。
それには住宅ローンの完済が前提とされています。

そのため、ローンの完済にはまずは貯金などの自分の持っている資金を
充てるということが原則です。
しかし、ローンを完済するだけのまとまった自己資金がないという場合には、
必要な金額を事前に準備した上で売却するということになるのです。

その方法の一つとして挙げられるのが住替えローンです。
このローンは買替えをしたいという場合に申し込めるローンで、
このローンを活用すると現在手元にまとまった自己資金がないといった場合でも
買換えを検討することができます。

つまり今の自宅を売却して新しく家を購入したいという場合に利用でき、
新しい家を購入する時に足りない資金や住宅ローンの残債分を上乗せして
借り入れることができるというローンなのです。

そして、このローンは、通常のローンと同様に、変動制金利や固定制金利など、
金利も選べるため家計などの状況に応じて借りることが可能です。
さらに、現在のローン金利は低めになっていることが多いと言われていますので、
ケースに寄りますが今返済している住宅のローンより低い金利になるかもしれないのです。

と言っても、住替えローンを組むという時には資金の計画はしっかりとしてから
利用する事がとても重要です。


■住替えローンを利用するタイミングはいつ?

住替えローンを利用するという場合には先に売ってからなのか、
先に購入してからなのかという売買のタイミングがとても大切です。
このローンを利用すると抵当権の抹消後に利用し、新しく抵当権を
設定するということになり、もし抵当権処理がきちんとできない
ということになったらトラブルが発生してしまいます。

そのため、不動産買取などを行ってもらう不動産会社と新しい住宅の購入について
よく話をしておく必要があるということなのです。
円滑な不動産買取を進めるにはこの点がとても大切です。

また、住替えのために自宅を売却するという時、売却金額が住宅のローンの残額より
少なくなってしまい損失になったという場合には、一定の要件をクリアすることで
損失分を控除するといった制度も活用することができると言われているのです。

不動産は売却できたけれども、住宅のローンの残債があるという場合には
救済法があるといえますので、どうしても自宅を売って新しい家を
買わなければならないという場合、しっかりと不動産会社と話し合った上で進めていく
というスタンスが大切なのです。

このように、住宅用の融資を受けて建てた家に住んでいるものの、
家族が増えたりしたことでやむを得ずに他の家を購入するという必要性が生じた場合、
住み替えるという人を対象としたローンを利用することができるのです。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は、住宅ローンの残債があっても不動産買取できるのかについて解説しました。

上記の場合、まだ住宅ローンが残っているといった場合でも、先にその住宅の抵当権を
抹消してから家を売却することができるようになっており、資金計画をしっかりと練ってから
実施することができるようになっています。
住替えローンの相談や不動産の売買は札幌不動産買取査定センターにお任せください。
当社に今すぐご連絡ください