古家付き土地を買取するときの注意点について

taxes-1032643_1280main

古家付き土地は普通の土地とは違って築年数の古い家屋とセットになっていて、
安く購入できます。
古家付き土地の買い取りでは通常よりも安く土地を手に入れることができるのです。
しかし買取の際には注意しなければならないことがいくつかあります。

今回は古家付き土地を不動産買取するときの注意点について
詳しく解説していきます。


■周辺環境に注意

例えば、注意点の一つとして周辺の状況について考慮する必要があります。
特に山の麓にある古家付き土地は土砂崩れや地震などによって
家屋が簡単に崩れてしまう恐れがあるのです。

他にも、川の近くに作られた家であれば、
地盤が緩んでいるので大雨や洪水が発生すれば家ごと流されてしまうことがあります。
必ず買取前には周囲の情報を確実に入手していくことが重要です。
できれば過去の地域で発生した災害を調べてその際の影響を確認しておけば、
災害発生時の被害をある程度予想できるでしょう。

他に注意するべきことは、家屋の老朽化状況について知ることです。
例えば地区年数の古い木造住宅であれば通常の鉄筋コンクリート製の住宅とは違って
シロアリやカビなどによる被害がひどくなっている傾向にあります。

他にも柱や天井などが劣化していることがあるので、
なるべく買取前に確認しておくことが重要です。
自分で修繕できるレベルであれば問題はありませんが、
改修工事などが必要な場合は安く購入できる古家付き土地が逆に高くなってしまうことがあるので
その辺りの問題点を一通りチェックして買取するようにしましょう。

注意するべきことは他にもあり、周囲のインフラ関係の環境について考慮する必要があります。
例えば下水道が整備されていない場所や浄化槽さえも利用できない環境下であれば、
トイレなどの衛生状態が悪くなってしまうことがあります。

それだけでなく家から外に出る際に必ず通る道路が狭ければ
車の往来にも不自由が発生してしまうことがあるのです。
だから、周辺のインフラ設備には十分注意して確認する必要があるのです。

インターネットを使用して仕事をする方は光回線が利用できる環境かどうかを調べておきましょう。
古家付き土地の殆どは田舎の僻地であることが多いので、光回線が利用できない場合もあります。
仕事でインターネットに接続する必要がある場合は仕事に支障をきたしてしまう恐れがあるので、
それらを留意しておく必要があるのです。


■費用に注意

土地を購入する際に古家を解体して新しく家を建て替える際には
税金や解体などに費用も考慮しておきましょう。
特に住宅を解体するための重機が往来しにくい場所であれば
作業員は手作業で家屋を解体する必要があります。

それだけでなく、解体に高額な費用がかかってしまう恐れがあるので
予め購入の際に解体する際の費用を見積もっておくことで対策しましょう。

古家付き土地を購入した後の活用方法についても予め考えておく必要があります。
例えば、古家を解体するのか、あるいは残したままでリフォームすることで再利用するのかを
予め考えておけば、購入後の税金などのお金の問題を徹底して対策することができます。
それだけでなく、大まかな費用を見積もっておけばその後の生活設計も立てやすいでしょう。


■最後に

いかかがでしょうか?

今回は古家付き土地を不動産買取するときの注意点について解説しました。
買取をする際には、土砂崩れや川の氾濫などの周辺の災害発生時の情報を収集すること、
道路の舗装がきちんとされているか地盤が緩んでいないかなどの環境を知ることに加え
電気や水道などのインフラ設備がきちんと利用できるかなどを知る必要があります。

これらの情報を予め用意しておけば土地の購入もスムーズに進んでいくでしょう。
ただし、購入した後の土地の利用の際には税金の問題についても考慮する必要があります。
購入の際にもなるべく信頼できる仲介会社を経由して購入するようにしましょう。
不動産買取についてお悩みの方は
札幌不動産買取査定センターにご相談ください。

当社に今すぐご連絡ください