相続した親のアパートは買取りを検討しよう

money-2724248_1280main

相続税の対策としてアパート経営をしている親から相続をする場合は、
どのように受け継いだらよいのかと迷ってしまう人も大勢います。

不動産投資などを行っていた方なら、
アパートなどを取得しても引き継いで経営を行うことが可能です。
一般的な仕事などをしていた人が親のアパートを引き継いだ場合、
注意しなければいけないことがあるので気をつけましょう。

今回は相続で急にマンションオーナーになったときの
対応について詳しく解説していきます。


■はじめに行うこと

親のアパートを相続して受け継いだ時には、
住宅ローンがまだ残っていないかを調べることが大切です。

親が生命保険などをかけていた場合は、
そのお金を住宅ローンの残債に当てることができるため心配がほとんどありません。
保険などに加入していない場合は、
住宅ローンの残債まで引き継いでしまうことになるので気をつけることが大切です。

住宅ローンの残高が高い場合は、
引き受けてからの経費が大きく膨らむことになります。
アパートの築年数によっては入居者が集まりにくいこともあるため、
毎月の支払いに困ってしまうことが少なくありません。

リフォームやイノベーションなどをすれば、
アパートの外見や内装のイメージを一新することが可能です。
外見が新しくなり装備なども一新されるため、
入居者が集まりやすくなるのがメリットになります。

ここで問題になることは、
リノベーションやリフォームなど施工するためには多額な費用が必要になることです。
親のアパートを引き受けた配偶者や親族が、
そのような費用を捻出することは非常に難しくなることが珍しくありません。

このように相続した親のアパートを維持するために高額な経費が必要になる場合は、
アパートなどの買取をしている不動産業者に相談することも一つの方法です。


■相続人が複数いる場合

相続人となる配偶者が複数人いる場合は、
遺産相続などでトラブルになることが多くあるのが特徴になります。

親の遺産を分割する時には、法律に基づいて分けていくことが大切です。
お金などの場合は、遺族の人数などに合わせて正確に分割することが可能になります。
親との関係によって遺産を増額したり減らしたりすることも手軽にできますが、
アパートなどのような不動産はそのように手続きを進めることが困難になるのが大きな特徴です。

アパートなどの不動産物件は、遺族に合わせて均等に分けることが難しくなります。
誰が引き受けるかによって、トラブルの発生が非常に多くなるのが不動産物件のデメリットです。
配偶者などの遺族の中には、不動産そのものや現金を要求する場合も少なくありません。
分け方の方法や金額によっては、親族同士のトラブルになることが多くあります。

遺族の間のトラブルを回避するためには、
不動産業者に買取を依頼し取得した金額を分ける方が無難です。

親から引き継いだアパートは、毎月の賃貸料が入ってくるのが大きなメリットになります。
一定の収入を見込むことができますが、
アパートの築年数が古い場合には気をつけなければいけません。
受け継いだばかりの親のアパートは、入居者が大勢いて満室になっている可能性もあります。
受け継いだばかりの頃は築年数がそれほどではない物件でも、
10年ほどを経過してからは多くの費用が必要になることが少なくありません。

入居している人から管理費などを毎月受け取っていますが、
築年数が経過し古くなってくると様々な不具合などが発生してきます。
古いアパートは賃貸料を下げなければ入居者が集まりにくくなるため、
悪化してくるのが収支のバランスです。
メンテナンスなどの費用がかかるため、
収益がマイナスになってしまうことも珍しいことではありません。
受け継いだ親のアパートでも、築年数が古く収支のバランスが大きく崩れている場合は
専門業社に買取を依頼する方が無難です。


■最後に

いかがでしょうか?

今回は相続で急にマンションオーナーになったときの対応について解説しました。

突然不動産オーナーになって困惑するケースが多々あります。
当社では豊富な買取実績と経験でお客様のお悩みを解決いたします。
不動産買取でお悩みの方は、札幌不動産買取査定センターへ!

当社に今すぐご連絡ください