相続不動産の売却時の税金の特例|知っておきたい節税の基礎知識

y

相続不動産の売却金には税金がかかります。
相続不動産を売却は、税金も視野に入れて
計画を立てることが重要です。

相続不動産の売却金に対する課税について
考えておかないと、思わぬ税金に
困惑することになります。
今回は、相続不動産を売却する時の税金と
相続不動産を売却する時の特例について解説します。


■相続不動産を売却した時の税金はどうなるのか

相続不動産を売却した場合は、印紙税や
登録免許税など、いくつかの税金がかかります。
中でも特に大きな課税になるのが、相続不動産の
売却金額にかかる税金です。

相続不動産の売却金額への課税は
「売却による利益の部分」に対して行われます。
例えば相続不動産を2,000万円で売却したとします。

この2,000万円という金額が売却金額なので、
2,000万円という金額にそのまま税金が課税されると
勘違いしがちです。

相続不動産などの不動産売却の場合、売却金額から
取得費や経費(売却の時にかかったお金)を
引くことが許されています。

取得費や経費を差し引いた金額が
「売却による利益の部分」になり、課税対象です。
相続不動産をはじめとした不動産売却の売却金は、
取得費や経費を差し引いても額が
大きくなりがちなのが特徴です。

だからこそ、税金をどのようにして抑えるかが
重要ポイントになります。


■相続不動産の売却で税金対策に使える特例にはどんなものがあるの?

相続不動産の売却では、一定の条件を満たすことに
よって特例を使うことができます。
特例が使える場合には、特例を使うことによって
相続不動産売却の税金をおさえることが可能です。

相続不動産売却に関する代表的な特例としては
「相続税が取得費に加算される特例」があります。
この特例は「相続税を支払ったこと」や
「一定の期間内に譲渡していること」を条件に、
相続税の一定額を取得費に加算できるというルールです。

取得費への加算が行われるため、節税効果が期待できます。
また、相続不動産の売却では「被相続人の居住用財産
(空き家)を売ったときの特例」を使える可能性も
あります。

相続によって空き家になってしまった相続不動産の
売却に対する特例です。
空き家の売却特例を使うためには「相続開始の直前に
被相続人以外に居住していなかった」などのルールがあります。

空き家の売却特例が使えれば、譲渡所得の金額から
最高で3,000万円が控除されることになります。
節税効果が期待できる特例なので、相続不動産売却の
際は特例が利用できるかよくチェックしたいですよね。

それぞれの特例の条件はとても細かいので、
不動産会社に相談の上で確認してもらいましょう。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は、相続不動産を売却する時の税金と
相続不動産を売却する時の特例について解説しました。

相続不動産が不要な場合は、
売却を検討するのも方法の1つ。
ただ、日本は「利益があれば税金あり」の国です。

相続不動産の売却にかかる税金については、
事前によく考えて売却計画を立てる必要があります。
相続不動産売却などの不動産売却には、
特例があるのが特徴です。

相続不動産の売却金は高額になりがちです。
使える特例は使い、節税に努めることが
重要になります。

相続不動産の税金についても、お気軽に
札幌不動産買取査定センターへご相談ください。

当社に今すぐご連絡ください