相続不動産を早く売りたい時には買取で売却

702d0045a5292f22f276e71e6cdc32a5_l
思いがけないことから不動産を相続することになった場合、
その土地が利便性の良い場所や価値のある場所にあれば、
相続したまま利用することもありでしょう。

しかし、自分が住んでいる場所から遠く離れた田舎であったり、
利用するにも利便性の悪い場所であった場合は、売却を考えるのではないでしょうか。

不動産を相続すると、相続税や固定資産税の支払いが必要になりますので、
保有しているだけで経済的負担は大きくなります。
そのため、売却を考えた場合には早く売りたいと考える人も多いと思います。
今回は、買取による相続不動産の売却について詳しく解説していきます。


■相続不動産とは?

被相続人が亡くなると、その人が保有していた土地や建物などの不動産は、
相続権のある誰かが相続しなければなりません。
相続の権利がある人が1人しかいない場合や遺言書で指定がある場合は、
その人が必然的に相続することになります。

しかし、相続の権利がある人が複数人いる場合には、
全員で話し合って結論を出す必要があります。
不動産を相続すると、相続税や固定資産税を支払わなければならない上に、
その土地や建物の管理責任も発生します。

万が一、その土地や建物が老朽化などで他人に何らかの迷惑をかけた場合には、
賠償責任が発生する場合もあります。
そのため、管理が難しいからと放置することもできず、
売却するケースが多くなります。

また、相続人が複数いる場合には全員に権利がありますが、全員で
土地や建物を分配するというのは現実的ではありませんので、
売却し現金化して遺産分割を行う方がトラブルもなくスムーズになります。


■売却方法について

不動産の売却方法としては、「仲介」と「買取」があります。
「仲介」は、不動産業者と売買の仲介契約を結び、買取手を探してもらうという方法です。
この売買方法のメリットは、不動産が高く売れる可能性があるということです。

不動産業者側もこの方法であれば、売却額が仲介手数料として入ってくる
金額に影響しますので、できるだけ高く売るために動いてくれます。
しかし一方で、買取手が見つからなければ売却までの期間が長期化してしまう
可能性があります。
そのため、早く売りたいと考えている場合には不向きな方法だと言えます。

「買取」は、先ほどのような手順は踏まず、直接業者に買い取ってもらう方法です。
この方法のメリットは、早く売却し現金化することができるということです。
仲介のように売却までの期間が必要ないですが、金額が安くなってしまう傾向があります。

一般的には、相場の6〜8割程に引き下げられますが、それでも早く売りたいと
考える人はこちらの方法が良いでしょう。
相続不動産の場合、相続人の間での問題発生を防ぐためにも、
できるだけ早く売却した方が良いと言えます。


■売却する時の注意点

相続不動産は、自分がもともと保有していた不動産を売却するのとは
違う手続きが必要になります。
まず、1番大切なのが「相続登記」で、この手続きを行わなければ
売却することはできません。

また、相続人が複数いる場合には、全員の同意をあらかじめ得ておく必要もあります。
次に、不動産の状況を適切に確認しておくことです。
自分が購入したものでない上に、これまで管理したことがない土地や建物なので、
どこまでが所有地なのかといった細かいことがわかっていない場合も多くあります。

そのまま売却してしまうと、思わぬことで隣人とトラブルに
発展してしまうかもしれません。
そうならないためにしっかりと事前に確認しておきましょう。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は、買取による相続不動産の売却について解説しました。
不動産を相続した場合には、理由がない限りは早く売却することが懸命だと言えます。

不動産は時間を置くほどに価値が下がってしまう傾向があるので、
高く売るためにも早めの売却が重要です。

早めの売却を考えた時には、売却方法の中でもすぐに
買い取ってもらうことのできる「買取」を選択すべきだと言えます。
相続不動産の買取も札幌不動産買取査定センターにお任せください。
当社に今すぐご連絡ください