相続不動産を買取して頂く際の業者選び

29282c2289b02546f953d425b668aab2_l-1
相続不動産を売却する際には個人的に買主を探す術もあるものの、
全ての手続きを完結させるためには様々な複雑な手順も存在している実情から、
難しさを覚える場合が稀有ではありません。

業者に依頼すると安心ですが、業者選びによって同じ不動産でも結果に
差異が生まれるので、慎重に信頼の置ける業者を選定する事が大切です。
今回は、相続不動産の買取の際の業者選びについて詳しく解説していきます。


■業者選びのポイント

相続し不動産を手にしている状況下でも他の物件に買い替えを検討していたり、
既に新居が決定している時には新居を手がけている業者を選ぶのも良い方法です。
企業側としては手がけている不動産が売れないと契約に至れないという
考えを抱いているので、精力的に相談に乗って頂けますし代金の支払いや
買取に際する代金を得るタイミングを希望通りにして頂けるという利点もあります。

そして、相続不動産をはじめとする不動産を買取するには宅地建物取引業法に
則り免許を有している必要があるため、業者選びを行う時には免許の番号を
確かめるようにしましょう。

免許の番号を確かめるようにすれば免許を持たずに経営している業者との間で
契約してしまい、様々なトラブルに見舞われる恐れを予防できます。
免許については行政庁で情報管理が行われているので、交付した行政庁に行くと
宅地建物取引業者が記録されている名簿を無料で確認する事が可能です。

名簿には過去に行ってきた業務の内容や行政処分歴が記載されているため、
業者の情報に関して気になる点がある時に頼もしいです。

そのような宅地建物取引業に関する免許を持っている業者の中から選ぶ事が
前提条件ではありますが、免許を持っていれば見境なく選んで良いというわけでもなく、
各業者の特色や強みも意識して選びましょう。


■相続不動産に適している業者とは

不動産業者が所属している業界は分譲業者や買取再販業者、
媒介業者や専門系といった大きく分けて4つの区分に分けられているので、
相続不動産のように既に所有している不動産の買取を目指すのなら媒介を
メインとしてる媒介業者が適しています。

媒介業者の中でも住宅の他に土地やマンションというメインにしている
取り扱い内容に差異があるため、相続不動産の種別に応じて詳細についても目を向けていきます。
また、業者は大手企業の他に中小企業も存在しており、大手業者は担当している
お客様の数も多いという特性上、購入を希望する方が見つかりやすい面はありますが、
大手企業一択で決めるのではなく中小業者の中から選ぶ事でより良い結果になるかもしれません。

中小企業の方が各地域の詳細について深く理解していますし、相談事に対して親身になって
頂ける事例も多いので業者選びをする際には規模のみで判別を下さないようにしましょう。


■契約の種類

業者選びを済ませる事ができた後は実際に契約を締結していくための
媒介契約が行われますが、一言で媒介契約とは言っても専任媒介契約と
専属専任媒介契約、一般媒介契約の3種類に分かれています。

一般媒介契約は3つの中で最もハードルが低い契約内容であり、その理由は
特定の業者との間で一般媒介契約を締結したとしても、他のいくつかの
業者との間でも一般媒介契約が結べるためです。

専任媒介契約は相続不動産の買取を検討している方からの依頼を
1社のみが専任で受け付けるものであり、仲介は1社にのみ依頼する形には
なるものの売主が自ら買主を探して契約を締結させる自己発見取引は可能です。

専属専任媒介契約は専任媒介契約とよく似ている内容ではありますが、
売主が自ら直接的に探す自己発見取引が行えなかったり、業者側から
売主に対して行われる報告義務が週に1度という点が異なっています。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は、相続不動産の買取の際の業者選びについて解説しました。
また、契約については上記3つの方法の中では特定の業者との間でのみ
仲介する形式になる様子から、専属専任媒介契約が最も精力的に販売活動をして頂けます。

札幌不動産買取査定センターではお客様に合ったプランをご提案しますので是非、ご相談下さい。
当社に今すぐご連絡ください