買取を利用してオーナーチェンジをするメリットや注意点

jewelry-rolls-3526967_1280
不動産投資に挑戦してマンション賃貸をはじめたけれども、
もっと良い収益物件にかえたい、物件の管理が面倒になってきたので売却したい、
とにかく急いで現金にかえたいなど、様々な考えを持つオーナーがいます。
しかし賃貸中の物件を売却するオーナーチェンジは、
通常の物件を売却するケースとは異なりあまり買い手は多くないものです。

その理由として賃貸中の物件を購入することは、
投資をしたいと考えている人に限定されるということがあります。
今回は買取を利用してオーナーチェンジをするメリットや注意点について詳しく解説していきます。


■オーナーチェンジとは

そもそもオーナーチェンジとは、入居者が住んだままになっている状態で
不動産を売却することを指しています。

その多くが投資用のワンルームマンションの売買の際におきる取引をいいます。
すでに賃貸物件となっているため住宅ローンを使えず、
個人の買い手がつかずに投資家の間で取引きされることが一般的となっています。
しかし賃貸物件は部屋の状態が悪くて補修費用が高額になる場合や、
空室が多いとき、または家賃滞納者がいるようなケースでは、
投資目的であったとしても買い手は敬遠するものです。
買取を利用してオーナーチェンジするメリットとしては、
物件をすぐに売却できることと言えるでしょう。


■その他の方法

他の方法には仲介と呼ばれる方法があります。
これは不動産会社に物件の買い主を探してもらう取引きを指します。
この場合には買い手を見つけるのにかなりの時間を要します。
不動産会社に買い取ってもらう場合には、
築年数の経過した物件のように仲介でなかなか買い手がつかない物件でも、
早期に売却が可能となります。

また積極的な資金力のある不動産会社の場合には、
資産整理を目的とした場合にも一括売却が可能となります。
補修が必要な場合でも不動産会社がそのまま引き取ってくれることもあるでしょう。

反対にデメリットとして、現在の家賃を相場よりも安く設定しても、
オーナーが変わったからと言って簡単に値上げできないことです。
家賃を値上げするためには入居者と交渉が必要となり、
ほとんどの場合、合意が得られることはありません。
現在の入居者を退去させることも難しく、部屋の状態を確認することも難しいので、
居住用に転用することも難しくなります。

買取を利用してオーナーチェンジする際のポイントとしては、
不動産会社を選ぶことが一番のカギと言えます。
オーナーチェンジ物件を取引する場合、一般的な不動産取引にはない知識が必要となり、
業者選びで失敗につながる可能性もあります。
とはいえ何を基準に不動産会社を選べばよいのかわからないという人も多いものです。
ここからは不動産会社を選ぶポイントをみていきましょう。


■不動産会社を選ぶポイント

そのポイントとしてまず第一に、現金化までのスケジュールが希望にあうかどうかが挙げられます。
このような希望がある場合には、迅速な決済ができるかどうかがポイントとなります。
査定が迅速に正確に行うためには豊富な実績がなければ難しいでしょう。
もちろん資金力も重要で、実績がある会社であれば金融機関の融資を受けることも可能です。
そして買取後のサポートを受けることができるかどうかも確認しましょう。
オーナーチェンジの難しいポイントは、入居者付きで物件を引き継がなければならないことです。
買取の手続きだけではなく、
買取後の賃借人に対する賃貸人としての責任や義務も果たさなければなりません。
入居者への対応はしっかりとやってもらえるのかという点については、
物件を手放す際には非常に気になるはずです。
このようなことをしっかりとサポートしてくれる業者を選ぶ必要があるでしょう。
このようにメリットもあればデメリットもあり、さらには様々な注意点もあることから、
事前にすべてを把握したうえで利用するようにしましょう。


■最後に

いかがでしたでしょうか?
今回は買取を利用してオーナーチェンジをするメリットや注意点について解説しました。
不動産を売却する際に買取を選ぶ方も多くいると思います。
買取を利用するか考えてる方は、
オーナーチェンジという方法もある事を知識としてあれば選択肢が増えると思います。

今回の記事が少しでも皆さまのお役にたてば幸いです。
当社には、不動産業界に長年携わっている経験豊富なスタッフが多数在籍しています。
また、弁護士や税理士、司法書士等、各分野のエキスパートの連携体制もあります。
不動産売却についてお困りの方は、札幌不動産買取査定センターへお任せください。
当社に今すぐご連絡ください