離婚するときの家の処分方法は?不動産売却で札幌の不動産を売却する

離婚 不動産売却 札幌

離婚においてよく問題になるのが「家をどうするか」です。
離婚前は大切な我が家でしたが、
離婚をする場合は「処分に困る存在」になってしまうことがあります。
離婚するときは、札幌にある家をどのように扱ったらいいのでしょう。
どのような処分方法があるのでしょうか。
離婚に際して、札幌の不動産を不動産売却する方法と注意点を解説します。

離婚のときに札幌の家を処分する方法とは

離婚のときに預金などは財産分与で比較的わけやすい財産ですが、
「家」は簡単にわけることができません。
1.札幌の家を離婚に合わせて不動産売却する
2.札幌の家に離婚後も夫(妻)が住み続ける
3.離婚後も家を持分設定したまま所有する

離婚のときの家については、以上の3つの方法が考えられます。
札幌の家を夫と妻で持分を設定していた場合、
離婚した2人が共有状態を嫌がることは少なくありません。
離婚前の思い出が残る家を手もとに残しておくこと自体を嫌がる夫婦も多くいます。

家を処分するために「不動産売却する」という選択肢を選ぶ夫婦が
多いという現実があるのです。
ただ、離婚のために札幌の家を処分する場合は、ほかの方法も存在しています。

離婚した後に夫婦の片方が住んだり、
元夫婦が別々のところに住みながら札幌の家を所有し続けたりすることもあるのです。
最終的にどの方法で札幌の家を処分するかは、離婚の話し合い次第になります。

離婚のときに札幌の家の不動産売却で注意すべきポイント

離婚のときに札幌の家を不動産売却する場合は、注意したいポイントが4つあります。
1.札幌の家に住宅ローンが残っている場合は通常の不動産売却は難しい
2.住宅ローンが残っている不動産売却は余裕を持って不動産会社に相談を
3.札幌の家の処分方法によっては金融機関に相談することも必要
4.札幌の家の不動産売却は離婚成立前におこなう

住宅ローンの残っている家は、
基本的に通常の不動産売却で処分することは難しくなります。

そのため、通常の不動産売却ではなく、
任意売却などの不動産売却方法を試みることが一般的です。
任意売却で住宅ローンの残った家を不動産売却する場合は、
余裕を持って手続きを進める必要があります。

まずは「離婚にさいして札幌の家を不動産売却したい」
「札幌の家には住宅ローンが残っている」ことを、
不動産会社に伝え、進め方について計画を立てましょう。

不動産会社に相談したときに「金融機関に相談すべきか」
「札幌の家の不動産売却についてどのタイミングで話すべきか」なども、
確認しておくことが重要です。
不動産会社に相談したときに、注意点についてのアドバイスをもらっておけば、
安心して不動産売却の手続きが進められます。

札幌の家の不動産売却は離婚成立前におこなうこともポイントです。
離婚してしまうと、元夫婦間で連絡がとれなくなってしまうケースがあります。
札幌の家の不動産売却がスムーズに進まない可能性があるのです。
離婚成立前に可能な限り計画を進めてしまうことがポイントになります。

最後に

離婚のときの不動産売却では、任意売却などを利用するケースが多くなっています。
ただ、すべての不動産会社で任意売却を扱っているわけではありません。
札幌不動産買取査定センターでは、任意売却をはじめとして、
事情に合った不動産売却方法を提案可能です。 お気軽にご相談ください。

当社に今すぐご連絡ください